婚約指輪とは何か

結婚する際に用意する指輪は大きく分けて2種類あり、「結婚指輪」と「婚約指輪」に分かれます。一般に婚約指輪はプロポーズする際に、男性側から女性側へと贈られるものです。この婚約指輪ですが、どういったものを選ばれるのか不明な方も多いかもしれません。当サイトでは、婚約指輪のデザイン等について紹介しています。

結婚指輪は、結婚してから常に左手の薬指につけているもので、婚約指輪は日常的につけられる事はあまりありません。このことから、結婚指輪は比較的シンプルなデザインで選ばれることが多いです。また、婚約指輪は男性が女性への記念品としての贈り物や求愛としての意味合いで用意されることが多いことから、結婚指輪に比べて高級感のあるデザインが選ばれることがあります。例えばダイヤモンドがついているなどの、宝石がついた指輪が、婚約指輪として選ばれることが多いです。

そのため、結婚指輪に比べて婚約指輪は価格が高くなりやすいです。相場についてですが、給料の1ヶ月分や、1ヶ月分に色をつけたくらい、あるいは2ヶ月分などの高級なものを贈られる場合がります。婚約指輪は基本的に女性向けに贈られる指輪であるため、二つのセットを用意する必要がありませんので、1つ分の値段となります。中には用意されない方も少なくありませんが、女性への愛情を表現するといった意味ではやはり欠かせない存在となりますし、ある程度のグレードを用意したいものです。