婚約指輪のデザイン

婚約指輪には様々なデザインがあり、どういった種類があるのか把握して、用意されることをおすすめします。例えば、定番なデザインとしては「ソリティア」と呼ばれるタイプがあります。宝石を1粒セットしてあるリングで、爪でダイヤが留められているのが一般的です。ダイヤが際立つのが特徴ですが、アーム部分のデザインも様々で、シルバーやゴールドのように色を変えたり、あるいは彫刻が彫られていたりするような豪華なものもあります。

また、「メレ」と言われるデザインは、宝石をメインとしているデザインになっており、比較的華やかです。メレダイヤの数や形状によってリングの雰囲気は大きく変わります。記念品として残すのであれば、セミオーダーやフルオーダーで、自分らしさを表現するのも良いかもしれません。次に「パヴェ」と言われるデザインは、1つの宝石が中央にはめられているほか、アーム部分にもダイヤが敷き詰められている高級なタイプです。フランス語で敷石という意味があり、アームに多くのダイヤを敷き詰め、ゴージャスな雰囲気があります。また、同じサイズのダイヤを並べてアームにはめている「エタニティ」やカラーの入ったオシャレなダイヤをはめる「色石リング」などもデザインとして人気です。